SWANY//バッグ事業部
新着情報
事業概要
商品案内
商品特徴
商品取扱店舗
通信販売について
Q&A集
保証について
ご使用上の注意
修理について
修理依頼フォーム
交換キャスターはこちらよりお買い求め下さい。
スワニーバッグの歴史
お問い合わせ
カタログ請求
TOPバッグ事業部>スワニーバッグの歴史

スワニーバッグの歴史
三好悦郎  1964年、専務だった現会長三好鋭郎(えつお)が、スポーツ・防寒手袋の営業で世界行脚を始め、ニューヨークで左写真の70mmの車輪付の鞄に出会い、体を預けながら世界を駆け巡りました。

  石畳の上でもスイスイ押せるので、海外部門の幹部に大好評だったことから、そのトランク作りを始めました。結果、展示用の照明で素材のファイバーに歪みが出たため、2億円の赤字を出して撤退しました。

 長年、小型バッグを4輪で自立させて握りを引き上げると、体を支えられるという夢を持ち続けていたので、小型に挑戦することにしました。しかし、握りをバッグの中央に寄せないと、体を支えられないという巨大な壁に遭遇しました。

 あれこれと悩んでいて、1996年に上海のホテルで寝ていて「パイプを湾曲させよ」というインスピレーションがあり、完成したのがスワニーバッグです。

特許申請のあゆみ
1996
鞄内部にパイプが出ないようにするために、鞄の前後にパイプを固定した「橋梁把手」が完成しました。
1997
パソコンバッグなどに最適な二部屋の中央壁にパイプを固定した「中央把手」が完成しました。
大きい物が入る主力商品で、パイプを「湾曲・傾斜」させて体を支えることが出来る湾曲・傾斜把手が完成しました。(これが現在のスワニーバッグの基本構造です。)
1998
バッグの後ろに垂直に把手パイプを配置し、カバンが前に倒れにくい「後方把手」が完成しました。
2002
ゼットベアリングを横にして方向転換させる、静音・無給油・無塵キャスターが完成しました。
2003
ハンドル用湾曲パイプを垂直に保つことができる樹脂製の箱形アウトフレームが完成しました。
2005
ハンドバッグ・ボストンバッグ・ビジネスバッグに体を支える事が可能なキャスター間のスペースを活かした平面式のフラットフレームが完成しました。
2008
キャスター軸に給油不要のオイレスベアリングを採用した直径50mmのキャスターが完成しました。
2010
アウトフレームの強度を保ちながら側面を無くすことにより様々な形状の鞄を載せることに成功したワイドフラットフレームが完成しました。
新構造ボールベアリング採用で、従来品より凸凹を乗り越えやすく走行音の静かな直径60mmキャスターが完成しました。
2012
スワニー初!ストッパー付きフレームが完成しました。(実用新案取得)